キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ひざサポートコラーゲンで減少を止められる? : ひざサポートコラーゲンの賢い利用法

ひざサポートコラーゲンで減少を止められる?

膝関節のコラーゲンの量は加齢によってどこまで減少するのでしょうか。

ひざサポートコラーゲンはそれを低減できるのでしょうか。

検証してみましょう。

■加齢でコラーゲンの量は“50才で半減”する。

コラーゲンはたんぱく質の一種であり、血液の中や血管、骨の中、皮膚など、身体のどこにでも存在します。

コラーゲンがあることで骨に弾力性が生まれたり肌にスベスベ感や潤いが生まれたりします。

膝関節(軟骨)に存在するコラーゲンは脚の屈伸や歩行を支える役割があり、とくに重要な部位です。

ところが加齢によってこの量はどんどん減っていき、たんぱく質の中の30%を占める割合は、20才の若いころを100%とすると、50才ではその半分の量に減少してしまいます。

◇軟骨がすり減る事によってどんな症状が起こりうるか→(URL:http://president.jp/articles/-/213

これを補うのがコラーゲンであり、ひざサポートコラーゲンです。

■利用している人とそうでない人の自社データ。

ひざサポートコラーゲンを発売している同社のデータによると、ひざサポートコラーゲンを飲んでいる人と飲んでいない人を比較した場合、「同社のスコア方式の採点」で、4週間の継続使用で効果があらわれはじめ、8週間後にはスコアが1から2に向上。

その後は継続によってこのスコアが低下することなく、スコア2のまま高止まりしているという臨床試験があります。

■同社によるこのひざサポートコラーゲンの試験は、特定保健用食品などとは異なります。

また第三者機関による試験ではないので注意しましょう。

ひざサポートコラーゲンの臨床試験は“自社”によるものです。

利用した人が同社スコア試験と同等の成果を得られるわけではありません。

また被験者の数が数十人と少ないため、データを鵜呑みにするのも危険です。

コラーゲンの減少を食い止められるかどうかは、実際に試してみるしかないようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加