キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 薬事法で効果を言えないのはなぜ? : ひざサポートコラーゲンの賢い利用法

薬事法で効果を言えないのはなぜ?

膝関節のコラーゲン減少を低減させるのにひざサポートコラーゲンは有効とされています。

それならばなぜ「効果あり」と言えないのでしょうか。

薬事法との関係を例に検証してみましょう。

■薬事法に違反すると発売停止の処分も。

健康食品やサプリメントの業界では、たとえばひざサポートコラーゲンなども、効果・効能について「効く!」とか「治った!」といった断定的な表現は使わないと申し合わせています。

これには薬事法が深く関係しているからです。

薬事法では即効性(一定の条件下で被験した患者数が、一定以上の成果・効果を収めた)が確認されていた医薬品のみが効果をうたえると限定しています。

薬事法という法律なので、法的拘束力や罰則があり、これに違反・抵触したサプリメントメーカーなどは、販売停止などの通告を受ける可能性があります。

■薬事法で定義された「効果」は非常に厳格。

医薬品は膨大な時間と費用を使って開発され、臨床試験にも巨額な資金がつぎ込まれます。

厚生労働省による厳しい試験や検査があり、安全性と有効性が確認され販売にいたるまで10年はかかります。

人間が口に入れるもので、なおかつ効果があると断定できるには非常に厳しいチェックが何重にも課せられます。

ひざサポートコラーゲンがそうとは言いませんが、単純に「100人中10人に効果があっても効果は効果だ!」などという理屈で片づけられないことが薬事法で定義されています。

■ひざサポートコラーゲンは医薬品ではなくサプリメントです。

その違いを知ったうえで「効果の意味」を解釈しましょう。

試してみてどう実感するかが大事です。

薬事法では「効果」の使用を厳しく限定していますが、ひざサポートコラーゲンのようなサプリメントは、実際に使った人の改善実感が大事です。

同じような商品でも効果には個人差があることも知っておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加