キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 治療・予防目的ではない? : ひざサポートコラーゲンの賢い利用法

治療・予防目的ではない?

ひざサポートコラーゲンには、「治療や予防目的ではない」という但し書きがありますが、それは効かないというのとイコールなのでしょうか。

考えてみましょう。

■「効く」とは表現できないけれど期待はできる商品。

ひざサポートコラーゲンのネット広告を見てみると、「治療を目的とした商品ではない」とか、「予防目的ではない」といった但し書がされています。

しかしその一方で「本品は保健の目的が期待できるもので消費者庁長官にも届出されたもの(=機能性食品)」とあります。

薬事法との関係で「効く」という表現はできないものの、「科学的な根拠」を示したことで、一定の機能をもった商品(膝関節の不自由の緩和)であることは認められています。

「効く」などの効果をうたえるのは医薬品に限定されているので、ギリギリそのような表現にとどまっています。

■治療や予防効果はネット上の書き込みでも明らか。

治療や予防目的でひざサポートコラーゲンが開発されたわけではないにしても、コラーゲンは体内のどこにでも分布していて、とくに膝関節や軟骨にあるコラーゲンは、体重を支える、歩行を助けるといった点で最重要視されています。

加齢でこれが減少してしまうと激しい痛みを生じたり、最悪の場合は歩行できなくなったりします。

《記事ピックアップ》⇒ひざの痛みは早めの治療を 最初は軽い症状でも気づかぬうちに重症化 - ライブドアニュース

表現としては許されていませんが、治療や予防といった側面に効果があることは確かで、それはネット上の多くの書き込みなどによっても明らかです。

■究極のところ医薬品でない限り、「効く」とは言えないので自分で試すしかないのがひざサポートコラーゲンなどのサプリメントです。

個人差はありますが、ひざサポートコラーゲンは「効かない」ということではありません。

継続して長く使用することで膝関節の不自由や痛みは緩和されます。

まずは試してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加